職場の雰囲気に合った服装選びを

市役所や区役所が率先して取り組んでいるクールビズ。もうほとんどの会社で導入されているかと思えば、仕事内容によって服装のカジュアルさが異なります。

学生から新社会人となり、初めてクールビズを体験する方もいるでしょう。デパートに行けば、必ずクールビズコーナーがあるほどで、世の中に浸透しています。

しかし、会社に入って初めての夏を迎える方は、職場の服選びはちょっと待ってください。

一口にクールビズと言っても、会社ごとにルールがあります。「ノーネクタイOKだけどシャツはワイシャツ」とか、「無地のポロシャツまではOK」とか、社則とまではいかないまでも、暗黙のルールが存在します。

先輩社員はもう慣れていますから、当たり前のようにルール通りに服を選んで着ているのです。

ですから、もうすぐクールビズの時期だからと、張り切って早々にクールビズ用の服装を購入するのは止めましょう。デパートへ行き、販売員さんの言うなりに洋服を選ぶと、職場で浮いてしまうかもしれません。

大型デパートや紳士服量販店の販売員さんはそれなりの知識もありますし、流行も心得ています。しかし、クールビズに関しては、会社の雰囲気のほうが優先順位が高いです。

あまりにもカジュアルすぎて一人だけ浮いてしまっては、仕事に集中できません。 また上司が変われば部下の服装も変えていく必要が出てくるかもしれません。

クールビズ初日は様子を見てから、社風に合わせておしゃれにワードローブをそろえていきましょう。

汗対策

最近、節電ブームでクールビズも当たり前になってきているようですね。 エアコンの温度設定も上げられているから、それなりの対策が必要です。もちろん、上着を脱いでワイシャツだけで仕事をするのですが、それだけではまだまだ暑いですね。デスクの上にマイ扇風機を置いているビジネスマンもいるそうです。女性より男性のほうが暑がりなのに、来ている洋服は男性のほうが厚着なので、このような問題が起こるのです。オフィスの権限は女性にあるので、薄着で寒がりの女性の温度設定に、男性は従わなければならないのです。それなら、男性も何か対策を施すしかありません。だからと言って、制汗剤を使って、汗が止まるわけではありません。せいぜい、汗の臭い対策くらいでしょう。ひとつの手段として、汗をかいても、汗じみが目立たないワイシャツ を着るという方法があります。これは、汗を通さない生地でできているので、染みができないのだそうです。これなら、汗をかいても汗染みを気にすることなく、仕事に打ち込めそうですね。

ワイシャツで差をつける!?

ファッション業界ではこのクールビズを当然のことながら、商機と捉えています。 当然です。今までつるしのスーツに奥さんが特売で買ってきたワイシャツを黙って着ていた中年男性達が ジャケットを脱ぎ捨てて、とうとうぼろ隠しの出来ない状況に追い込まれたのですから。 業界として、ここは、やはり、全面に出てくるワイシャツで勝負を賭けたいところです。ワイシャツにファッション性を持たせる ことで他メーカーと差をつけたいものです。 素材や色、柄はもちろんですが、そこではなかなか差がつかない。そこで「襟」です。 形、幅、ボタンダウンか否か、ネクタイなしでどれだけキチンとみせることが出来るか、デザイナーの腕の見せ所ですね。 また、襟だけでなくボタンの色や素材にほんの少しの遊び心を加えたり、身頃の内側の色を変えてみて、いわゆる「刺し色」 を利かせてみたり、あの手この手の商品展開です。 モチロン、デザインだけでなく機能も考えられています。 夏場ですから、汗をかきます。速乾、デオドラント機能は必要不可欠です。今は、非常に優れた消臭機能が開発されています。 「加齢臭」なんていわれたくないですよね。そしてノーアイロン。節電ですからね。 お洒落なデザインで高機能。こんなシャツを着てしまったら、クールビズが終わってもダサいおやじシャツにはもうもどれないかも しれませんよ。 2011夏はスーパークールビズとなりましたが、アパレル業界ではクールならぬ「ホット」な戦いが繰り広げられているのです。

快適に

ネクタイやジャケットを堅苦しく思っていたひとには、クールビズで軽装で出勤できるのは朗報に感じたことでしょう。 しかし、スーツとネクタイをビジネスマンにとっての戦闘服ととらえ、ネクタイを締めることによってオンモードに 切り替え、モチベーションをあげてきた人もたくさんいたことでしょう。そんなビジネスマンにとってはクールビズは ありがた迷惑ですね。しかし、政府主導で始まったこのクールビズ。このご時勢にスーツをビシッと着込んでいると、 かえって変な目で見られることもありそうです。 いくら、ポロシャツなんて着たくない。自分は室温28度でも暑くないからスーツを着せて欲しいと言っても、おそらく 許されないでしょう。右へならえの国民性といえばそうなのでしょうが、そんなみんな一緒の風潮がネクタイより堅苦しいと 感じるサラリーマンもいるのではないでしょうか。クールビズの目的はあくまでもオフィスの室温28度で快適に働ける服装 をすると言うことで、決してスーツを着てはいけないとか、ネクタイなんかもってのほかということではないのですが、 みんなでアロハ、みんなでチノパンなんて、学校の文化祭でユニフォームを揃えるわけでもあるまいし、ちょっと子どもっぽい ですね。ある調査では、外回りから帰ってきたりした男性社員がジャケットをぬいで、ネクタイを緩め、シャツの袖をまくった 姿に魅力を感じる女性社員が多いという結果がでています。スーツもポロシャツもアロハも、その人が快適に仕事が出来るなら 好みで選べるような度量の大きな職場であれば、室温が何度でも働きやすいのではないでしょうか。

センスアップ

政府の主導で行われているクールビズ。自分の会社も取り入れて、型どおりのスーツから、こだわりのスタイルを 決めたくてウズウズしている人も多いのではないでしょうか。 「型どおりのスーツ」から「型どおりのクールビズ」へ変わるのは簡単ですが、そこに「自分らしさ」が欲しい。 人とは一味違うクールビズを楽しみたいという人も増えてきています。今まで無難なオフィススーツで冒険できなかった あなたも、周りのおしゃれな同僚を参考にしたり、アドバイスをもらったりしながらイメージチェンジを図るチャンスですよ。 単にノーネクタイや上着なしと言うことではだめなのでしょうか。 当然、その流れをアパレル業界か見逃すわけもなく、百貨店やファッションモールでは、マネキンがおすすめクールビズを 着込んで、お父さんたちの視線を浴びています。 まあ、マネキンのように抜群のスタイルならば、着こなせるんだよなぁとボヤキもチラホラ。 それはそれで、メタボ腹をダイエットするチャンスでもあります。いままで、重い腰を上げられなかったお父さんも、スポーツクラブで、 水泳やジョギングに汗を流すと、健康にも良いし、スタイルも良くなり一石二鳥です。 また、センスのいい爽やかクールビズファッションには、当然ながらタバコも似合いません。 これを機会に禁煙もしちゃいましょうか。  会社としてクールビズに取り組んでいるところが実に9割にものぼる昨今、この機会に乗じてスタイルとセンスのアップをはかりましょう。に上っているそうです。

女性は?

女性のクールビズは男性のものとは、少しちがいます。男性のようにノーネクタイ、ノージャケットにすれば いいというものでもないからです。 女性のクールビズについて考えてみましょう。今までクーラーが効きすぎていたオフィスでカーディガンやひざ掛け、また腹巻までして 冷房対策をしてき女性たちにとって、設定28度は朗報かもしれません。 しかし、さすがに、この温度に長くいると汗が滲む温度です。 制服のある会社なら、ブラウスを吸湿性のあるポロシャツにしたり、靴下まで履いていた足元をサンダルやミュールにするのもよいでょう。 私服の会社はもっと工夫の余地がありますね。素材を麻やレーヨンなどの涼やかなものにしたり、色をブルーやグリーンなどの清涼感を 与えるものにするなどです。 もちろん、会社によっては制服でも私服でも色や素材に厳しいところもあるでしょう。上司に相談したり、まわりと歩調をあわせて、 快適な衣服を選びたいものです。 女性のクールビズにおいて、もっとも気をつけなければいけないのは、「涼しさ」と「露出度」を混同しないということです。 あたりまえのことですが、会社はあくまでも働く場。ノースリーブやミニスカートなど、周囲の困惑を招くような服装は問題外だと いうことは、もちろん、みなさんご存知のことでしょう。

一年生の会社

この節電の夏、初めてクールビズを取り入れるという会社も多いようですね。 冷房費をカットするということで、だいたい全国一律6月から開始するようです。(一部5月) しかし、東北や北海道では所によっては六月でも雨の日などは肌寒いところもあるはずですよね。 それでも、半袖、ノージャケットはおかしくありませんか。鳥肌をたてながら仕事をするなんて、非効率極まりない。 クールビズ初心者の会社だと、気合が入りすぎて、クールビズの趣旨を履き違えてしまうこともままあるかと思います。 クールビズはただ単に服装を涼しく軽くしなさいというものではありません。 今まで、上着とネクタイをつけているひとに合わせて寒いくらいに設定されていた、エアコンの温度を上げるために、 風通しのよい涼しいビジネス服を着て、適温の中で気持ちよく仕事を出来るようにしようということなのです。 「わが社は風通しが良いから、六月までは窓を開けてエアコンなしで仕事をしよう」もありですし、 「うちの会社は沖縄だから、四月から全員かりゆしでいこう」もモチロンありです。 寒い地方の営業マンが七月にスーツをびしっと着ていても構わないのです。 要は、経営者がしっかりとクールビズの理念と目的を理解して、自分の会社の気候や業務形態をよく考えて、 社員が快適に働ける服装を会社毎に決めればよいのです。 政府が音頭をとっているキャンペーンですから、ついつい全国一律になりがちですが、政府の示しているのはあくまでも指針と 提案です。 経営者の良識と常識で判断していただきたいものです。 もちろん、クールビズなど考えもしないし取り入れるつもりも無いというような会社は論外です。 今の時代、柔軟に対応が出来ないような会社では先行きが怪しまれます。地方の小さな会社であったとしても、グローバルな 視点にたって運営していただきたいと思います。

プラスアルファ

オフィスの室温を28度にして、快適に仕事ができる服装をしよう。というのが、クールビズの全てです。 どんな服装をしていても仕事が出来るなら、スーツだろうが、アロハだろうがかまわないのです。しかし、やはり職場ですので それにふさわしい節度があるものを選びましょう。 スーツを着て、外出先から帰ってくるとキンキン冷えたオフィスは天国のようにかんじるものですが、残念ながら室温28度では それは期待できないでしょう。だからチノパンとポロシャツなどで、汗を吸い取り清涼感を保つのです。 ずっとオフィスにいる人でもこの室温ではやはり暑いことは暑いです。うちわであおいだり、卓上扇風機で涼をとるのもよいですね。 コンピューターを使っている職場はどうしても普通以上に熱がこもります。杓子定規にエアコンの設定を28度にすると熱中症になる 可能性もあります。他の季節より水分を多く取ったりして気をつけましょう。 営業マンのクールビズは大変です。どうしても軽装では回れない顧客もいるでしょうし、相手先によってかわります。 ロッカーの中にサマースーツを常備している人も多いと思います。しかし、営業に出ないときは、涼しい服を用意しておいて 着替えるとよいと思います。室温が上げてあるのでやはりスーツのままでは暑苦しく体調面も心配です。 いろいろな職種の人たちが混在するオフィスでは個々で快適に過ごせるように自分で判断して対処する必要があります。 2011年は未曾有の震災や原発でより一層厳しい夏になりました。電力不足のために、クールビズも節電が主目的のようになりました が、本当の目標は地球温暖化の防止です。オフィスでもクールビズの精神を理解して我慢できるところは我慢して取り組んでいきましょう。

季節があるの?

クールビズのシーズンというと、学校の衣替えの感じで「六月から九月いっぱいの夏」と思います。実際多くの企業がその期間を クールビズと定めています。しかしあなたの地方の夏と私の地方はおんなじ気温湿度なのでしょうか? 細長い日本列島、北は北海道から南は沖縄まで同じ季節でも温度差があるでしょう。2011年は東日本大震災と原発事故の影響で クールビズならぬスーパークールビズに取り組みました。企業によっては5月から始めて10月までクールビズをしていたところも あります。猛暑が長引く関東や西日本、九州沖縄ならよいかもしれませんが、北海道など夏が短い地域で、東京本社がやっているからと 肌寒い思いをしながら薄着で仕事をするのは馬鹿げています。クールビズは、我慢大会ではありません。無理をしてやっても 仕事の効率が落ちるようでは意味がありません。その地域、気候、風土、慣習にあわせて、各会社や事業所ごとに室温28度で快適に 仕事ができる服装をすればよいのです。涼しい地方で夏でもほとんどエアコンなんか使わないというなら、スーツで働いても一向に かまいません。秋の北海道でアロハを着て震えながら仕事をするなんてしゃれにもならないのです。 逆に沖縄などの暑い地域では一年中かりゆしでも問題ないのです。あくまでも服装の基準と期間はその会社ごとに決めてかまいません。 政府はあくまで指針を出しているだけです。

ジャケットを脱ぐ時

海外旅行などで経験された方も多いと思いますが、ある程度格式を重んじるレストランなどではノージャケットでは入店できず、 店側で用意されているジャケットを借りて食事するなんて、ちょっと恥ずかしい事が間々あります。ジャケットは礼儀正しさの象徴です。 しかし、やはり夏場の長袖ジャケットは暑いですよね。クールビズは今までのビジネスシーンにおいての常識や既成概念との 戦いです。商談相手や来客に、ノージャケットやノーネクタイが失礼にあたらないという新しい「常識」を理解してもらわな ければならないのです。クールビズの認知度は2010年には9割を超え、実施企業も4割を超えました。 これだけ浸透すれば、夏場にジャケットを着ていなくとも、失礼なと怒る相手はまずいないでしょう。ジャケットを着ないと なるとワイシャツやポロシャツなどだけになりますね。ジャケットを着ていたときには下に着るシャツはある意味そんなに重要視 されていませんでしたが、これからはシャツの色やデザインも気になるところです。 女性から見てセクシーだと思う男性の仕草ランキングで、ジャケットを脱ぐというのが、三位に入っています。 シャツになった時の引き締まった体型に女性は惹きつけられるのではないでしょうか。 これからはジャケットでごまかせなくなるので、ダイエットに励むビジネスマンが増えるかもしれません。体型を気にして運動を 始めたりすれば、成人病予防にもなり、結果的に全体の医療費の抑制になります。 これはクールビズの思わぬ副産物と言えるでしょう。

ネクタイの悲劇

政府の主導で行われているクールビズ。自分の会社も取り入れて、型どおりのスーツから、こだわりのスタイルを 決めたくてウズウズしている人も多いのではないでしょうか。 「型どおりのスーツ」から「型どおりのクールビズ」へ変わるのは簡単ですが、そこに「自分らしさ」が欲しい。 人とは一味違うクールビズを楽しみたいという人も増えてきています。今まで無難なオフィススーツで冒険できなかった あなたも、周りのおしゃれな同僚を参考にしたり、アドバイスをもらったりしながらイメージチェンジを図るチャンスですよ。 単にノーネクタイや上着なしと言うことではだめなのでしょうか。 当然、その流れをアパレル業界か見逃すわけもなく、百貨店やファッションモールでは、マネキンがおすすめクールビズを 着込んで、お父さんたちの視線を浴びています。 まあ、マネキンのように抜群のスタイルならば、着こなせるんだよなぁとボヤキもチラホラ。 それはそれで、メタボ腹をダイエットするチャンスでもあります。いままで、重い腰を上げられなかったお父さんも、スポーツクラブで、 水泳やジョギングに汗を流すと、健康にも良いし、スタイルも良くなり一石二鳥です。 また、センスのいい爽やかクールビズファッションには、当然ながらタバコも似合いません。 これを機会に禁煙もしちゃいましょうか。  会社としてクールビズに取り組んでいるところが実に9割にものぼる昨今、この機会に乗じてスタイルとセンスのアップをはかりましょう。に上っているそうです。

構えすぎずに

学校も昔から6月は衣替えの次期にあたります。 ですから、それと同じ時期からクールビズは始まります。 2011はスーパークールビズとして、五月から始めたところも多々ありました。 基本的にはエアコンの設定温度を上げて冷房費や電気を節約しようという取り組みです。 ノーネクタイ、ノージャケットで服装を身軽にすることによって、涼しくなれば、冷房を利かせなくともよいからです。 会社としての、経費節減にも貢献していますが、地球温暖化防止に取り組んでいるという意識の高さを示すのに好都合です。 いつも、スーツの男性社員ならスーツとネクタイで、とりあえずは、あらたまったビジネススタイルに見えるものですが、 それを取られてしまうと、どうしたら良いのか途方にくれてしまう方も多いでしょう。 普段、制服のようにネイビーやグレーのスーツを何も考えずに着せられていたおじ様方、貴方のことです。 まあ、そんなに構えずに清潔感のある白いポロシャツかはじめてみましょう。 最初はわざわざ買わずに、クローゼットの中を見てみてください。 一着や二着、買ったのに着ていないユニ○ロのポロシャツがありませんか。ワイシャツをポロに変えて、ジャケットを脱げば、 クールビズの出来上がり。 基本的なスタイルが決まれば、今までのスーツのズボンの色に合わせて水色やピンクなどのポロシャツを買い足すもよし、 なんにでも合う白が良ければ、白で通すもよし。 そのうちに、洒落っ気が出てきて、チノパンを試したり、デザインシャツを足したりしたくなるかもしれません。 そんな、貴方にむけて、アパレル業界ではクールビズ商品のキャンペーンを企画したりしています。

挑戦

夏のビジネススタイルはクールビズによって大きく様変わりしました。 いままで、暑苦しいネクタイに苦しめられた男性たちも、大手を振ってタイをはずし、ジャケットも着なくてすみます。 今まで、通りいっぺんとうだったスーツより、クールビズスタイルだと着こなしに差がつきやすいのも確かです。 もちろん、会社や取引先などのビジネスシーンで着る服ですから、好きだからといって真っ赤なシャツやスパンコールつきの ベルトを締めていいわけではありませんよね。 色や柄の制限はあってしかるべきでしょう。 しかし、襟やズボンの形などは、それほど気にしなくとも、良識の範疇で変えてもよいのではないでしょうか。 男女問わず、お洒落をするチャンス、異性に良いところを見せるチャンスととらえて、クールビズを楽しんでいる人も多いようです。 エリの裏に柄があったり、ステッチが入っていたり、ちょっとした遊び心があると、お洒落な印象をあたえます。 2011の夏は節電の影響でクールビズが徹底されました。今後もこの傾向が終わることはないと思われます。 せっかく暑苦しいスーツから開放されるのですから、毎日会社へ行く服を選ぶことが楽しくなるようにいろいろコーディネート を考えたり、ベルトなどの小物を変えてみたりして、不景気のなかでの消費の上昇をたすけ、節電をして、しかも地球温暖化防止に 貢献する。 この一石二鳥ならぬ一石三鳥に取り組んで見ましょう。

スーツ

ネクタイやジャケットを堅苦しく思っていたひとには、クールビズで軽装で出勤できるのは朗報に感じたことでしょう。 しかし、スーツとネクタイをビジネスマンにとっての戦闘服ととらえ、ネクタイを締めることによってオンモードに 切り替え、モチベーションをあげてきた人もたくさんいたことでしょう。そんなビジネスマンにとってはクールビズは ありがた迷惑ですね。しかし、政府主導で始まったこのクールビズ。このご時勢にスーツをビシッと着込んでいると、 かえって変な目で見られることもありそうです。 いくら、ポロシャツなんて着たくない。自分は室温28度でも暑くないからスーツを着せて欲しいと言っても、おそらく 許されないでしょう。右へならえの国民性といえばそうなのでしょうが、そんなみんな一緒の風潮がネクタイより堅苦しいと 感じるサラリーマンもいるのではないでしょうか。クールビズの目的はあくまでもオフィスの室温28度で快適に働ける服装 をすると言うことで、決してスーツを着てはいけないとか、ネクタイなんかもってのほかということではないのですが、 みんなでアロハ、みんなでチノパンなんて、学校の文化祭でユニフォームを揃えるわけでもあるまいし、ちょっと子どもっぽい ですね。ある調査では、外回りから帰ってきたりした男性社員がジャケットをぬいで、ネクタイを緩め、シャツの袖をまくった 姿に魅力を感じる女性社員が多いという結果がでています。スーツもポロシャツもアロハも、その人が快適に仕事が出来るなら 好みで選べるような度量の大きな職場であれば、室温が何度でも働きやすいのではないでしょうか。

ファッション

温暖化防止を目的に、節電推奨のために提唱されたクールビズですが、最近はクールビズ自体をひとつのファッションカテゴリー としてとらえる動きがあります。スーツと違って上下とも素材的に毎日洗濯したほうが良いアイテムが多く、いくつか洗い代えが 必要なことから、アパレル業界からは売り上げの伸びが期待されているのです。 デザイナーもビジネスシーンでの服装だけに制約が多く、かえって腕の振るいがいがあるというものですね。 今までだっておしゃれな人はワイシャツの襟の形やズボンのタックの入り方まで気を遣ってスーツを着ていたのだと思います。 だからクールビズになって、突然みんなと同じようなポロシャツとチノパンじゃ納得いかない、嫌だという人もいるでしょう。 そんなニーズに応えるように、各メーカーは趣向を凝らしたクールビズを提案しています。 ポロシャツ素材のワイシャツなんかは、顧客のドレスコードに合わせてネクタイをつけても違和感がないデザインになっています。 ポロシャツでも襟の形、ボタンの数や色、素材で一気に垢抜けたりしますし、チノパンでも茶色を選ぶか黒を選ぶかタックをいれるか ノータックにするかで全然シルエットや印象が違ってくるのです。 スーツの時にはあまりおしゃれについて考えなかったというあなたも、この機会にお店の人の口車に乗ってちょっと冒険してみてはいかが でしょうか?クールビスをイメージアップのとっかかりにして新しい自分をみつけてみましょう。

パンツスタイル

クールビズということならと、スーツの上着を脱いで、ネクタイを外しただけ。というサラリーマンが多々見受けられます。 まあ、クールビズからはずれているわけではありません。しかしこれは、いかがなものでしょう。 今まで着ていたものからマイナスしただけですから、どうしてもだらしがない印象を与えてしまいます。 暑いから取っちゃいました。というだけで、そこにきちんとしようという趣旨が感じられないのです。 もともと、スーツのズボンはジャケットとワンセットですので、上着と合わせたほうがバランスが取れるデザインです。 ですから、ここは是非パンツをはいてみましょう。(ズボンではない) パンツは、タックの幅や数、裾の幅や全体の長さなどで、色々な形があります。 いままで、上着で隠してくれていた、お腹が出てくるので、体型を気にする方も出てくるはず。 ちょっと出てきたお腹を、ジョギングやジムで引き締めようかなとか、暴飲暴食は控えなきゃとか、健康的なメリットも ありそうですね。 貴方がダイエットに励んだ結果として、体重とコレステロールと血糖値が下がって、成人病予防になります。医療費が浮く。 そのシェイプアップされた体に合う素敵なパンツを購入すれば、服飾業界の売り上げが上がって経済効果がみこまれる。 体がすっきりすると、涼しく感じられ、冷房温度はおさえられて節電でき、地球温暖化防止に貢献できる。 なんだか良いことだらけのようがしてきますね。

おしゃれなスラックス

クールビズが浸透するにつれて、定番のスタイルというものが定着してきました。スーツからジャケットとネクタイを取った だけのスタイルと、ポロシャツとチノパンやスラックスなどのスタイルです。チノパンはチノ・クロスという綿素材が基本の アースカラーのズボンでなんにでも似合うので多用されているようです。スラックスはやはりズボンです。 広範囲ではスーツのズボンもスラックスですが、あえてここでは含めません。スラックスといえば、アパレルなどが展開している ブランド物の主力商品で流行を取り入れています。形が定番のチノパンやジーンズとそこが違います。 素材も綿だけでなく、麻や合成繊維,合皮などを使うこともあり多彩です。形も細身だったり丈が短かったり、デザイナーの 特色が強く出ています。オフィス向きではないものも多いですが、派手過ぎず、涼感もあり品の良いデザインもたくさんあります。 チノパンでは個性が出せない。気に入らないという人は試すといいと思います。ボトムがおしゃれなスラックスとなるとトップスもそれに 合わせて気の訊いたシャツが欲しくなるものです。店員にクールビズで着ることを伝えて、コーディネートしてもらうのも良いかも しれませんね。普段デートなどでも着られますし、家族がある人なら奥さんや娘さんたちの株が上がること間違いなしです。 スラックスをはきこなすために、運動でもしてメタボ予防を心がければ健康にも良いので一石二鳥です。

グッズランキング

クールビズといえば、もちろんノーネクタイ、ノージャケットという服装を指すわけですが、インターネットなどのクールビズアイテム のランキングなどをみると、浴衣、甚平、ステテコなどが挙げられ、納涼アイテムと混同されているようです。 クールビズのビズはビジネスのことを指します。会社の事務所などで、冷房の設定温度を28度にしても快適に働ける服装にしよう という試みです。 しかし、先のランキングで挙げられていたものの中には、衣料品ではないものも入っていましたが、これはクールビズのカテゴリー に入れてもいいのではと思われるグッズも多々ありました。例えば、水につけるとひんやりするスカーフや小さな卓上扇風機などです。 あと、ランキングは別にしても、扇子やうちわは、もうすでに使ってらっしゃるかもしれませんね。 服装だけでなく、このような納涼アイテムはビジネスシーンにおいてもとってもクールビズな商品だと思います。 猛暑が続く近年の日本の夏。アナログな方法が意外と効果的だったりします。 一番暑い2時~3時ころ、おやつにアイスキャンディーなどを食べて、午後の作業効率を上げたり出来たらいいですね。 先のインターネットのランキングのなかには、これはクールビズじゃないだろっと言うグッズもあります。 布団のうえに敷く冷感マットなどです。クールビズの精神は、もちろん家庭でも生かされるべきですので、一晩中つけていた エアコンを、マットのおかげで消すことが出来たならそれはそれで素晴らしいことですが。

足元

クールビズでともすれば忘れがちなのが靴です。靴下に革靴というのは真夏にはかなり暑苦しいといえます。 しかし、オフィスでビーチサンダルというわけにはいきませんよね。 2011年は東日本大震災や福島第一原発の事故で電力不足が懸念されクールビズのうえをいくスーパークールビズが 推奨されましたが、靴についてもサンダルを認める動きがでています。女性の場合はより簡単に足元のクールビズを、 取り入れやすいでしょう。ストッキングに革のパンプスのかわりに、素足にサンダルなんて涼しげですよね。 ただし、いくら流行っていたとしても、派手な飾りが付いていたり、光る素材などオフィスにそぐわないものは どうかと思います。また、ミュールなどで、高いヒールのものもありますが、仕事や作業の妨げになってはいけません。 男性の靴のクールビズは難しいですね。まず、女性のようにサンダルをはく習慣がありません。また、スーツに似合う サンダルなんてまずありません。チノパンとポロシャツにもどうでしょうか。 このスーパークールビズは今後も続いていくと思われます。 靴のメーカーもチノパンやポロシャツに合う、靴下なしで履けて涼しいデザインのクールビズシューズを開発して 売り出す、絶好のチャンスです。まだまだ広がる余地のある靴のクールビズ。今後がたのしみですね。

半袖シャツ

真夏に半袖なんて当たり前と思われるでしょうが、ビジネスシーンではちょっと違います。特に営業マンたちは、取引先でどのような 価値観の商談相手に出会うかわかりません。したがって失礼のないように、長袖シャツにスーツにネクタイとフル装備になりがちです。 しかし、クールビズの浸透で半袖のシャツは当たり前になりました。どうしてもネクタイははずせないという仕事や会社の方針でも、 半袖とネクタイならOKという場合が多いと思われます。例え、襟元はネクタイで締められていても、袖口からわきの下に風が入ると 驚くほど体感温度が下がります。もちろんポロシャツなども半袖がほとんどですので、カジュアルな服が大丈夫な内勤者などは、 積極的に半袖を身に着けてもらってエアコンを弱めてもらいたいと思います。ただし気をつけたいのはTPOですね。半袖がよいのなら とジーンズにTシャツなどは、事前に会社や上司にあたってみるべきでしょう。クリエイターなどは、普段からTシャツにジーンズが 認められていた場合も多いでしょうが、営業、窓口などTシャツ不可の職場もあるはずです。これを機会にわが社のクールビズの標準 を決めておくと社員はラクになりますね。 ちなみに、「女性からみてセクシーだと思う男性のしぐさ」の第二位はシャツの腕をまくる、です。 半袖だとまくろうと思ってもむりですよね。半袖姿でも勝負できる身体づくりでもしましょうか。