ワイシャツで差をつける!?

ファッション業界ではこのクールビズを当然のことながら、商機と捉えています。 当然です。今までつるしのスーツに奥さんが特売で買ってきたワイシャツを黙って着ていた中年男性達が ジャケットを脱ぎ捨てて、とうとうぼろ隠しの出来ない状況に追い込まれたのですから。 業界として、ここは、やはり、全面に出てくるワイシャツで勝負を賭けたいところです。ワイシャツにファッション性を持たせる ことで他メーカーと差をつけたいものです。 素材や色、柄はもちろんですが、そこではなかなか差がつかない。そこで「襟」です。 形、幅、ボタンダウンか否か、ネクタイなしでどれだけキチンとみせることが出来るか、デザイナーの腕の見せ所ですね。 また、襟だけでなくボタンの色や素材にほんの少しの遊び心を加えたり、身頃の内側の色を変えてみて、いわゆる「刺し色」 を利かせてみたり、あの手この手の商品展開です。 モチロン、デザインだけでなく機能も考えられています。 夏場ですから、汗をかきます。速乾、デオドラント機能は必要不可欠です。今は、非常に優れた消臭機能が開発されています。 「加齢臭」なんていわれたくないですよね。そしてノーアイロン。節電ですからね。 お洒落なデザインで高機能。こんなシャツを着てしまったら、クールビズが終わってもダサいおやじシャツにはもうもどれないかも しれませんよ。 2011夏はスーパークールビズとなりましたが、アパレル業界ではクールならぬ「ホット」な戦いが繰り広げられているのです。