クールビズでも長袖のワイシャツを涼し気に着こなす

暑がりの男性は多いですよね。ぽっちゃりタレントの内山君は、エアコンの温度設定が原因で彼女と別れたとテレビでカミングアウトしていました。男女の温度差って思考だけじゃなかったんですね。。別れ話になるくらいの温度設定ってどれだけ低く設定していたのでしょうか気になります。

暑がりの人にとって、クールビズの服装はさぞかしありがたい話だろうと思いましたが、職場の温度設定も上がっているので、プラスマイナスゼロといったところでしょうか。
今まではスーツさえ着ていればそれなりに見栄えがしていたのに、クールビズによって「明日は何を着ていこうか」とOL並みに悩む中年男性が増えてしまいました。

ファッションに疎い中年男性にとって、スーツは制服のようなものでした。それを取り上げられ、私服になってしまったのですから毎日同じ服を着るわけにもいかず、悩むようになってしまったのです。

 

クールビズによる何の恩恵も受けていないのが、営業マンです。彼らは仕事柄クールビズとは無縁のスタイルです。最高気温が更新される真夏の炎天下でも、ネクタイを締めて外回りをします。

しかも、暑さよりもおしゃれを気にする男性は、スーツの中は長袖のワイシャツ着用と決まっています。半袖のワイシャツのほうが涼しいのはもっともですが、半袖は着ません。
スーツの袖口から長袖のワイシャツがちらっと見えるのがおしゃれなのです。

そんなクールビズとは無縁の営業マンに朗報があります。汗が染みない生地で作られたクールビズ用の長袖のワイシャツがあるそうです。長袖のワイシャツを着ておしゃれをしているのに、脇や背中に汗染みができてしまっては、台無しです。

日本人というのは見た目をすごく気にする人種で、やはりスーツにネクタイというスタイルは信用できる人だと無意識に好印象を与えてしまうのです。

問題は、長袖のワイシャツを着て汗だくの姿を見ている方が暑さを感じてしまうこと。暑苦しいと言っては失礼ですが、クールビズが浸透している中でわざわざ大汗をかいて長袖を着るのはいかがなものかという疑問です。でも、汗染みができないワイシャツを着てくれるのなら、涼しそうに見えるので周りに不快を与えませんね。

センスが良くて仕事もできる男を目指すなら、汗染みができない長袖のワイシャツは必須アイテムになりそうですね。