足元

クールビズでともすれば忘れがちなのが靴です。靴下に革靴というのは真夏にはかなり暑苦しいといえます。 しかし、オフィスでビーチサンダルというわけにはいきませんよね。 2011年は東日本大震災や福島第一原発の事故で電力不足が懸念されクールビズのうえをいくスーパークールビズが 推奨されましたが、靴についてもサンダルを認める動きがでています。女性の場合はより簡単に足元のクールビズを、 取り入れやすいでしょう。ストッキングに革のパンプスのかわりに、素足にサンダルなんて涼しげですよね。 ただし、いくら流行っていたとしても、派手な飾りが付いていたり、光る素材などオフィスにそぐわないものは どうかと思います。また、ミュールなどで、高いヒールのものもありますが、仕事や作業の妨げになってはいけません。 男性の靴のクールビズは難しいですね。まず、女性のようにサンダルをはく習慣がありません。また、スーツに似合う サンダルなんてまずありません。チノパンとポロシャツにもどうでしょうか。 このスーパークールビズは今後も続いていくと思われます。 靴のメーカーもチノパンやポロシャツに合う、靴下なしで履けて涼しいデザインのクールビズシューズを開発して 売り出す、絶好のチャンスです。まだまだ広がる余地のある靴のクールビズ。今後がたのしみですね。