挑戦

夏のビジネススタイルはクールビズによって大きく様変わりしました。 いままで、暑苦しいネクタイに苦しめられた男性たちも、大手を振ってタイをはずし、ジャケットも着なくてすみます。 今まで、通りいっぺんとうだったスーツより、クールビズスタイルだと着こなしに差がつきやすいのも確かです。 もちろん、会社や取引先などのビジネスシーンで着る服ですから、好きだからといって真っ赤なシャツやスパンコールつきの ベルトを締めていいわけではありませんよね。 色や柄の制限はあってしかるべきでしょう。 しかし、襟やズボンの形などは、それほど気にしなくとも、良識の範疇で変えてもよいのではないでしょうか。 男女問わず、お洒落をするチャンス、異性に良いところを見せるチャンスととらえて、クールビズを楽しんでいる人も多いようです。 エリの裏に柄があったり、ステッチが入っていたり、ちょっとした遊び心があると、お洒落な印象をあたえます。 2011の夏は節電の影響でクールビズが徹底されました。今後もこの傾向が終わることはないと思われます。 せっかく暑苦しいスーツから開放されるのですから、毎日会社へ行く服を選ぶことが楽しくなるようにいろいろコーディネート を考えたり、ベルトなどの小物を変えてみたりして、不景気のなかでの消費の上昇をたすけ、節電をして、しかも地球温暖化防止に 貢献する。 この一石二鳥ならぬ一石三鳥に取り組んで見ましょう。