ジャケットを脱ぐ時

海外旅行などで経験された方も多いと思いますが、ある程度格式を重んじるレストランなどではノージャケットでは入店できず、 店側で用意されているジャケットを借りて食事するなんて、ちょっと恥ずかしい事が間々あります。ジャケットは礼儀正しさの象徴です。 しかし、やはり夏場の長袖ジャケットは暑いですよね。クールビズは今までのビジネスシーンにおいての常識や既成概念との 戦いです。商談相手や来客に、ノージャケットやノーネクタイが失礼にあたらないという新しい「常識」を理解してもらわな ければならないのです。クールビズの認知度は2010年には9割を超え、実施企業も4割を超えました。 これだけ浸透すれば、夏場にジャケットを着ていなくとも、失礼なと怒る相手はまずいないでしょう。ジャケットを着ないと なるとワイシャツやポロシャツなどだけになりますね。ジャケットを着ていたときには下に着るシャツはある意味そんなに重要視 されていませんでしたが、これからはシャツの色やデザインも気になるところです。 女性から見てセクシーだと思う男性の仕草ランキングで、ジャケットを脱ぐというのが、三位に入っています。 シャツになった時の引き締まった体型に女性は惹きつけられるのではないでしょうか。 これからはジャケットでごまかせなくなるので、ダイエットに励むビジネスマンが増えるかもしれません。体型を気にして運動を 始めたりすれば、成人病予防にもなり、結果的に全体の医療費の抑制になります。 これはクールビズの思わぬ副産物と言えるでしょう。