プラスアルファ

オフィスの室温を28度にして、快適に仕事ができる服装をしよう。というのが、クールビズの全てです。 どんな服装をしていても仕事が出来るなら、スーツだろうが、アロハだろうがかまわないのです。しかし、やはり職場ですので それにふさわしい節度があるものを選びましょう。 スーツを着て、外出先から帰ってくるとキンキン冷えたオフィスは天国のようにかんじるものですが、残念ながら室温28度では それは期待できないでしょう。だからチノパンとポロシャツなどで、汗を吸い取り清涼感を保つのです。 ずっとオフィスにいる人でもこの室温ではやはり暑いことは暑いです。うちわであおいだり、卓上扇風機で涼をとるのもよいですね。 コンピューターを使っている職場はどうしても普通以上に熱がこもります。杓子定規にエアコンの設定を28度にすると熱中症になる 可能性もあります。他の季節より水分を多く取ったりして気をつけましょう。 営業マンのクールビズは大変です。どうしても軽装では回れない顧客もいるでしょうし、相手先によってかわります。 ロッカーの中にサマースーツを常備している人も多いと思います。しかし、営業に出ないときは、涼しい服を用意しておいて 着替えるとよいと思います。室温が上げてあるのでやはりスーツのままでは暑苦しく体調面も心配です。 いろいろな職種の人たちが混在するオフィスでは個々で快適に過ごせるように自分で判断して対処する必要があります。 2011年は未曾有の震災や原発でより一層厳しい夏になりました。電力不足のために、クールビズも節電が主目的のようになりました が、本当の目標は地球温暖化の防止です。オフィスでもクールビズの精神を理解して我慢できるところは我慢して取り組んでいきましょう。