センスアップ

政府の主導で行われているクールビズ。自分の会社も取り入れて、型どおりのスーツから、こだわりのスタイルを 決めたくてウズウズしている人も多いのではないでしょうか。 「型どおりのスーツ」から「型どおりのクールビズ」へ変わるのは簡単ですが、そこに「自分らしさ」が欲しい。 人とは一味違うクールビズを楽しみたいという人も増えてきています。今まで無難なオフィススーツで冒険できなかった あなたも、周りのおしゃれな同僚を参考にしたり、アドバイスをもらったりしながらイメージチェンジを図るチャンスですよ。 単にノーネクタイや上着なしと言うことではだめなのでしょうか。 当然、その流れをアパレル業界か見逃すわけもなく、百貨店やファッションモールでは、マネキンがおすすめクールビズを 着込んで、お父さんたちの視線を浴びています。 まあ、マネキンのように抜群のスタイルならば、着こなせるんだよなぁとボヤキもチラホラ。 それはそれで、メタボ腹をダイエットするチャンスでもあります。いままで、重い腰を上げられなかったお父さんも、スポーツクラブで、 水泳やジョギングに汗を流すと、健康にも良いし、スタイルも良くなり一石二鳥です。 また、センスのいい爽やかクールビズファッションには、当然ながらタバコも似合いません。 これを機会に禁煙もしちゃいましょうか。  会社としてクールビズに取り組んでいるところが実に9割にものぼる昨今、この機会に乗じてスタイルとセンスのアップをはかりましょう。に上っているそうです。

女性は?

女性のクールビズは男性のものとは、少しちがいます。男性のようにノーネクタイ、ノージャケットにすれば いいというものでもないからです。 女性のクールビズについて考えてみましょう。今までクーラーが効きすぎていたオフィスでカーディガンやひざ掛け、また腹巻までして 冷房対策をしてき女性たちにとって、設定28度は朗報かもしれません。 しかし、さすがに、この温度に長くいると汗が滲む温度です。 制服のある会社なら、ブラウスを吸湿性のあるポロシャツにしたり、靴下まで履いていた足元をサンダルやミュールにするのもよいでょう。 私服の会社はもっと工夫の余地がありますね。素材を麻やレーヨンなどの涼やかなものにしたり、色をブルーやグリーンなどの清涼感を 与えるものにするなどです。 もちろん、会社によっては制服でも私服でも色や素材に厳しいところもあるでしょう。上司に相談したり、まわりと歩調をあわせて、 快適な衣服を選びたいものです。 女性のクールビズにおいて、もっとも気をつけなければいけないのは、「涼しさ」と「露出度」を混同しないということです。 あたりまえのことですが、会社はあくまでも働く場。ノースリーブやミニスカートなど、周囲の困惑を招くような服装は問題外だと いうことは、もちろん、みなさんご存知のことでしょう。

一年生の会社

この節電の夏、初めてクールビズを取り入れるという会社も多いようですね。 冷房費をカットするということで、だいたい全国一律6月から開始するようです。(一部5月) しかし、東北や北海道では所によっては六月でも雨の日などは肌寒いところもあるはずですよね。 それでも、半袖、ノージャケットはおかしくありませんか。鳥肌をたてながら仕事をするなんて、非効率極まりない。 クールビズ初心者の会社だと、気合が入りすぎて、クールビズの趣旨を履き違えてしまうこともままあるかと思います。 クールビズはただ単に服装を涼しく軽くしなさいというものではありません。 今まで、上着とネクタイをつけているひとに合わせて寒いくらいに設定されていた、エアコンの温度を上げるために、 風通しのよい涼しいビジネス服を着て、適温の中で気持ちよく仕事を出来るようにしようということなのです。 「わが社は風通しが良いから、六月までは窓を開けてエアコンなしで仕事をしよう」もありですし、 「うちの会社は沖縄だから、四月から全員かりゆしでいこう」もモチロンありです。 寒い地方の営業マンが七月にスーツをびしっと着ていても構わないのです。 要は、経営者がしっかりとクールビズの理念と目的を理解して、自分の会社の気候や業務形態をよく考えて、 社員が快適に働ける服装を会社毎に決めればよいのです。 政府が音頭をとっているキャンペーンですから、ついつい全国一律になりがちですが、政府の示しているのはあくまでも指針と 提案です。 経営者の良識と常識で判断していただきたいものです。 もちろん、クールビズなど考えもしないし取り入れるつもりも無いというような会社は論外です。 今の時代、柔軟に対応が出来ないような会社では先行きが怪しまれます。地方の小さな会社であったとしても、グローバルな 視点にたって運営していただきたいと思います。

プラスアルファ

オフィスの室温を28度にして、快適に仕事ができる服装をしよう。というのが、クールビズの全てです。 どんな服装をしていても仕事が出来るなら、スーツだろうが、アロハだろうがかまわないのです。しかし、やはり職場ですので それにふさわしい節度があるものを選びましょう。 スーツを着て、外出先から帰ってくるとキンキン冷えたオフィスは天国のようにかんじるものですが、残念ながら室温28度では それは期待できないでしょう。だからチノパンとポロシャツなどで、汗を吸い取り清涼感を保つのです。 ずっとオフィスにいる人でもこの室温ではやはり暑いことは暑いです。うちわであおいだり、卓上扇風機で涼をとるのもよいですね。 コンピューターを使っている職場はどうしても普通以上に熱がこもります。杓子定規にエアコンの設定を28度にすると熱中症になる 可能性もあります。他の季節より水分を多く取ったりして気をつけましょう。 営業マンのクールビズは大変です。どうしても軽装では回れない顧客もいるでしょうし、相手先によってかわります。 ロッカーの中にサマースーツを常備している人も多いと思います。しかし、営業に出ないときは、涼しい服を用意しておいて 着替えるとよいと思います。室温が上げてあるのでやはりスーツのままでは暑苦しく体調面も心配です。 いろいろな職種の人たちが混在するオフィスでは個々で快適に過ごせるように自分で判断して対処する必要があります。 2011年は未曾有の震災や原発でより一層厳しい夏になりました。電力不足のために、クールビズも節電が主目的のようになりました が、本当の目標は地球温暖化の防止です。オフィスでもクールビズの精神を理解して我慢できるところは我慢して取り組んでいきましょう。

季節があるの?

クールビズのシーズンというと、学校の衣替えの感じで「六月から九月いっぱいの夏」と思います。実際多くの企業がその期間を クールビズと定めています。しかしあなたの地方の夏と私の地方はおんなじ気温湿度なのでしょうか? 細長い日本列島、北は北海道から南は沖縄まで同じ季節でも温度差があるでしょう。2011年は東日本大震災と原発事故の影響で クールビズならぬスーパークールビズに取り組みました。企業によっては5月から始めて10月までクールビズをしていたところも あります。猛暑が長引く関東や西日本、九州沖縄ならよいかもしれませんが、北海道など夏が短い地域で、東京本社がやっているからと 肌寒い思いをしながら薄着で仕事をするのは馬鹿げています。クールビズは、我慢大会ではありません。無理をしてやっても 仕事の効率が落ちるようでは意味がありません。その地域、気候、風土、慣習にあわせて、各会社や事業所ごとに室温28度で快適に 仕事ができる服装をすればよいのです。涼しい地方で夏でもほとんどエアコンなんか使わないというなら、スーツで働いても一向に かまいません。秋の北海道でアロハを着て震えながら仕事をするなんてしゃれにもならないのです。 逆に沖縄などの暑い地域では一年中かりゆしでも問題ないのです。あくまでも服装の基準と期間はその会社ごとに決めてかまいません。 政府はあくまで指針を出しているだけです。

ジャケットを脱ぐ時

海外旅行などで経験された方も多いと思いますが、ある程度格式を重んじるレストランなどではノージャケットでは入店できず、 店側で用意されているジャケットを借りて食事するなんて、ちょっと恥ずかしい事が間々あります。ジャケットは礼儀正しさの象徴です。 しかし、やはり夏場の長袖ジャケットは暑いですよね。クールビズは今までのビジネスシーンにおいての常識や既成概念との 戦いです。商談相手や来客に、ノージャケットやノーネクタイが失礼にあたらないという新しい「常識」を理解してもらわな ければならないのです。クールビズの認知度は2010年には9割を超え、実施企業も4割を超えました。 これだけ浸透すれば、夏場にジャケットを着ていなくとも、失礼なと怒る相手はまずいないでしょう。ジャケットを着ないと なるとワイシャツやポロシャツなどだけになりますね。ジャケットを着ていたときには下に着るシャツはある意味そんなに重要視 されていませんでしたが、これからはシャツの色やデザインも気になるところです。 女性から見てセクシーだと思う男性の仕草ランキングで、ジャケットを脱ぐというのが、三位に入っています。 シャツになった時の引き締まった体型に女性は惹きつけられるのではないでしょうか。 これからはジャケットでごまかせなくなるので、ダイエットに励むビジネスマンが増えるかもしれません。体型を気にして運動を 始めたりすれば、成人病予防にもなり、結果的に全体の医療費の抑制になります。 これはクールビズの思わぬ副産物と言えるでしょう。

ネクタイの悲劇

政府の主導で行われているクールビズ。自分の会社も取り入れて、型どおりのスーツから、こだわりのスタイルを 決めたくてウズウズしている人も多いのではないでしょうか。 「型どおりのスーツ」から「型どおりのクールビズ」へ変わるのは簡単ですが、そこに「自分らしさ」が欲しい。 人とは一味違うクールビズを楽しみたいという人も増えてきています。今まで無難なオフィススーツで冒険できなかった あなたも、周りのおしゃれな同僚を参考にしたり、アドバイスをもらったりしながらイメージチェンジを図るチャンスですよ。 単にノーネクタイや上着なしと言うことではだめなのでしょうか。 当然、その流れをアパレル業界か見逃すわけもなく、百貨店やファッションモールでは、マネキンがおすすめクールビズを 着込んで、お父さんたちの視線を浴びています。 まあ、マネキンのように抜群のスタイルならば、着こなせるんだよなぁとボヤキもチラホラ。 それはそれで、メタボ腹をダイエットするチャンスでもあります。いままで、重い腰を上げられなかったお父さんも、スポーツクラブで、 水泳やジョギングに汗を流すと、健康にも良いし、スタイルも良くなり一石二鳥です。 また、センスのいい爽やかクールビズファッションには、当然ながらタバコも似合いません。 これを機会に禁煙もしちゃいましょうか。  会社としてクールビズに取り組んでいるところが実に9割にものぼる昨今、この機会に乗じてスタイルとセンスのアップをはかりましょう。に上っているそうです。