汗対策

最近、節電ブームでクールビズも当たり前になってきているようですね。 エアコンの温度設定も上げられているから、それなりの対策が必要です。もちろん、上着を脱いでワイシャツだけで仕事をするのですが、それだけではまだまだ暑いですね。デスクの上にマイ扇風機を置いているビジネスマンもいるそうです。女性より男性のほうが暑がりなのに、来ている洋服は男性のほうが厚着なので、このような問題が起こるのです。オフィスの権限は女性にあるので、薄着で寒がりの女性の温度設定に、男性は従わなければならないのです。それなら、男性も何か対策を施すしかありません。だからと言って、制汗剤を使って、汗が止まるわけではありません。せいぜい、汗の臭い対策くらいでしょう。ひとつの手段として、汗をかいても、汗じみが目立たないワイシャツ を着るという方法があります。これは、汗を通さない生地でできているので、染みができないのだそうです。これなら、汗をかいても汗染みを気にすることなく、仕事に打ち込めそうですね。

快適に

ネクタイやジャケットを堅苦しく思っていたひとには、クールビズで軽装で出勤できるのは朗報に感じたことでしょう。 しかし、スーツとネクタイをビジネスマンにとっての戦闘服ととらえ、ネクタイを締めることによってオンモードに 切り替え、モチベーションをあげてきた人もたくさんいたことでしょう。そんなビジネスマンにとってはクールビズは ありがた迷惑ですね。しかし、政府主導で始まったこのクールビズ。このご時勢にスーツをビシッと着込んでいると、 かえって変な目で見られることもありそうです。 いくら、ポロシャツなんて着たくない。自分は室温28度でも暑くないからスーツを着せて欲しいと言っても、おそらく 許されないでしょう。右へならえの国民性といえばそうなのでしょうが、そんなみんな一緒の風潮がネクタイより堅苦しいと 感じるサラリーマンもいるのではないでしょうか。クールビズの目的はあくまでもオフィスの室温28度で快適に働ける服装 をすると言うことで、決してスーツを着てはいけないとか、ネクタイなんかもってのほかということではないのですが、 みんなでアロハ、みんなでチノパンなんて、学校の文化祭でユニフォームを揃えるわけでもあるまいし、ちょっと子どもっぽい ですね。ある調査では、外回りから帰ってきたりした男性社員がジャケットをぬいで、ネクタイを緩め、シャツの袖をまくった 姿に魅力を感じる女性社員が多いという結果がでています。スーツもポロシャツもアロハも、その人が快適に仕事が出来るなら 好みで選べるような度量の大きな職場であれば、室温が何度でも働きやすいのではないでしょうか。

構えすぎずに

学校も昔から6月は衣替えの次期にあたります。 ですから、それと同じ時期からクールビズは始まります。 2011はスーパークールビズとして、五月から始めたところも多々ありました。 基本的にはエアコンの設定温度を上げて冷房費や電気を節約しようという取り組みです。 ノーネクタイ、ノージャケットで服装を身軽にすることによって、涼しくなれば、冷房を利かせなくともよいからです。 会社としての、経費節減にも貢献していますが、地球温暖化防止に取り組んでいるという意識の高さを示すのに好都合です。 いつも、スーツの男性社員ならスーツとネクタイで、とりあえずは、あらたまったビジネススタイルに見えるものですが、 それを取られてしまうと、どうしたら良いのか途方にくれてしまう方も多いでしょう。 普段、制服のようにネイビーやグレーのスーツを何も考えずに着せられていたおじ様方、貴方のことです。 まあ、そんなに構えずに清潔感のある白いポロシャツかはじめてみましょう。 最初はわざわざ買わずに、クローゼットの中を見てみてください。 一着や二着、買ったのに着ていないユニ○ロのポロシャツがありませんか。ワイシャツをポロに変えて、ジャケットを脱げば、 クールビズの出来上がり。 基本的なスタイルが決まれば、今までのスーツのズボンの色に合わせて水色やピンクなどのポロシャツを買い足すもよし、 なんにでも合う白が良ければ、白で通すもよし。 そのうちに、洒落っ気が出てきて、チノパンを試したり、デザインシャツを足したりしたくなるかもしれません。 そんな、貴方にむけて、アパレル業界ではクールビズ商品のキャンペーンを企画したりしています。

挑戦

夏のビジネススタイルはクールビズによって大きく様変わりしました。 いままで、暑苦しいネクタイに苦しめられた男性たちも、大手を振ってタイをはずし、ジャケットも着なくてすみます。 今まで、通りいっぺんとうだったスーツより、クールビズスタイルだと着こなしに差がつきやすいのも確かです。 もちろん、会社や取引先などのビジネスシーンで着る服ですから、好きだからといって真っ赤なシャツやスパンコールつきの ベルトを締めていいわけではありませんよね。 色や柄の制限はあってしかるべきでしょう。 しかし、襟やズボンの形などは、それほど気にしなくとも、良識の範疇で変えてもよいのではないでしょうか。 男女問わず、お洒落をするチャンス、異性に良いところを見せるチャンスととらえて、クールビズを楽しんでいる人も多いようです。 エリの裏に柄があったり、ステッチが入っていたり、ちょっとした遊び心があると、お洒落な印象をあたえます。 2011の夏は節電の影響でクールビズが徹底されました。今後もこの傾向が終わることはないと思われます。 せっかく暑苦しいスーツから開放されるのですから、毎日会社へ行く服を選ぶことが楽しくなるようにいろいろコーディネート を考えたり、ベルトなどの小物を変えてみたりして、不景気のなかでの消費の上昇をたすけ、節電をして、しかも地球温暖化防止に 貢献する。 この一石二鳥ならぬ一石三鳥に取り組んで見ましょう。

スーツ

ネクタイやジャケットを堅苦しく思っていたひとには、クールビズで軽装で出勤できるのは朗報に感じたことでしょう。 しかし、スーツとネクタイをビジネスマンにとっての戦闘服ととらえ、ネクタイを締めることによってオンモードに 切り替え、モチベーションをあげてきた人もたくさんいたことでしょう。そんなビジネスマンにとってはクールビズは ありがた迷惑ですね。しかし、政府主導で始まったこのクールビズ。このご時勢にスーツをビシッと着込んでいると、 かえって変な目で見られることもありそうです。 いくら、ポロシャツなんて着たくない。自分は室温28度でも暑くないからスーツを着せて欲しいと言っても、おそらく 許されないでしょう。右へならえの国民性といえばそうなのでしょうが、そんなみんな一緒の風潮がネクタイより堅苦しいと 感じるサラリーマンもいるのではないでしょうか。クールビズの目的はあくまでもオフィスの室温28度で快適に働ける服装 をすると言うことで、決してスーツを着てはいけないとか、ネクタイなんかもってのほかということではないのですが、 みんなでアロハ、みんなでチノパンなんて、学校の文化祭でユニフォームを揃えるわけでもあるまいし、ちょっと子どもっぽい ですね。ある調査では、外回りから帰ってきたりした男性社員がジャケットをぬいで、ネクタイを緩め、シャツの袖をまくった 姿に魅力を感じる女性社員が多いという結果がでています。スーツもポロシャツもアロハも、その人が快適に仕事が出来るなら 好みで選べるような度量の大きな職場であれば、室温が何度でも働きやすいのではないでしょうか。

ファッション

温暖化防止を目的に、節電推奨のために提唱されたクールビズですが、最近はクールビズ自体をひとつのファッションカテゴリー としてとらえる動きがあります。スーツと違って上下とも素材的に毎日洗濯したほうが良いアイテムが多く、いくつか洗い代えが 必要なことから、アパレル業界からは売り上げの伸びが期待されているのです。 デザイナーもビジネスシーンでの服装だけに制約が多く、かえって腕の振るいがいがあるというものですね。 今までだっておしゃれな人はワイシャツの襟の形やズボンのタックの入り方まで気を遣ってスーツを着ていたのだと思います。 だからクールビズになって、突然みんなと同じようなポロシャツとチノパンじゃ納得いかない、嫌だという人もいるでしょう。 そんなニーズに応えるように、各メーカーは趣向を凝らしたクールビズを提案しています。 ポロシャツ素材のワイシャツなんかは、顧客のドレスコードに合わせてネクタイをつけても違和感がないデザインになっています。 ポロシャツでも襟の形、ボタンの数や色、素材で一気に垢抜けたりしますし、チノパンでも茶色を選ぶか黒を選ぶかタックをいれるか ノータックにするかで全然シルエットや印象が違ってくるのです。 スーツの時にはあまりおしゃれについて考えなかったというあなたも、この機会にお店の人の口車に乗ってちょっと冒険してみてはいかが でしょうか?クールビスをイメージアップのとっかかりにして新しい自分をみつけてみましょう。

会社に合わせよう

真夏のクールビズはだいぶ定着してきたようです。認知度は9割、実施率はゆうに5割近くに上っています。ファッション業界 や小売業もあの手この手でクールビズ商戦に打って出ています。クールビズはエアコンなどを抑えることによって節電効果をあげ 発電による二酸化炭素の放出を減らして地球温暖化を防止するというこころみです。クールビズを取り入れることで、企業の イメージアップにもつながります。逆にいまだクールビズをしていないことは評判を落としかねないのです。 もちろん、その会社ごとの服装規定があり、どこまでの軽装を認めるかは会社ごとで決める問題です。部署ごとでも構いません。 営業マンなど、顧客や商談相手をしている人は相手のドレスコードに合わせるためにロッカーにスーツをおいておいたり、ネクタイ をカバンに忍ばせたりして努力しています。今はネクタイをいちいち締めなくてもワンタッチでつけられる便利なネクタイが売られていて なかなかの売り上げを伸ばしているそうです。スーツや私服勤務でない人々は作業着のままで良いのです。作業着を半袖にしたりして コストアップになったら大変です。会社の出来る範囲で、業務に差し支えない程度にクールビズを推進しましょう。 自分の会社がクールビズを取り入れたらあまり難しくとらえずに、困ったら上司や同僚に相談して、顧客、同僚、上司たちに 不快感を与えないTPOをわきまえた品のある服装を心がけましょう。 そんなに難しいことはありません。